矢島香(Yajima Kaori)

開催中の講座

Business
ブランディング講座・ママの起業支援

Yoga
ヨガ講師養成講座
(ポーズを教えないヨガ・産後ヨガ)

Mama’s
産後ママ向けダイエットヨガ講座

On-line
ママのためのライフstyleスクール主宰



矢島香/ヨガ講師

埼玉県出身・ヨガ講師
HSP・人見知り
ポーズを教えないヨガ講師

ライフstyleスクール
CalmEarth(カームアース)主宰

profile

父の仕事の都合で転校を繰り返すも天真爛漫に育つ。
兄弟は歳の離れた兄2人。
高校生になると両親が共働きだったこともあり、兄が作る男飯を食べるように。
気づけばぽっちゃり体型・肌荒れがコンプレックスなり、この頃から自分をどんどん嫌いになっていった。

「きれいな女性になりたい」その一心でいろいろな方法を試し始め、無理なダイエットや断食を経験。
摂食障害ギリギリの状態でヨガに出会う。



さらにダイエットの法則を知るために大学では、薬学部で栄養学を学ぶ。
20歳でインストラクター資格を取得、自信がなく資格ジプシーに陥る。

22歳で恩師・綿本彰氏から、直接指導を受けRYT200時間を取得。
「心のヨガ」に触れ人生観がガラッと変わり、「このヨガを伝えていきたい」と考えるように。

気づけばコンプレックスだった肌荒れもダイエットの悩みも自然となくなり、ヨガ講師として、大手ヨガスタジオで順風満帆の日々を過ごす。

その傍ら、高齢者施設などで100公演以上のボランティア活動、講演活動を通し、シニアヨガ・キッズヨガを広める。

結婚・長男を出産し、フリーのヨガ講師として活動するもお客さんゼロ・集客できない日々を過ごす。
生活のために平日は会社員として、休日はヨガ講師として活動。

旦那さんや誰かに頼りっぱなしの中、趣味程度に教室を開催し、遠征に行くと赤字になることも・・・。

そんな中、旦那さんが脊髄腫瘍という重い病気を発症し、
死か半身不随かという宣告を受ける。

奇跡的な復活を果たすも、その後は自身が流産・産後うつを経験。
さらに兄が統合失調症になる。

度重なる命の尊さや心と体の繋がり、大切さと向き合うことに。


経済的にも精神的にもドン底状態を経験したことにより、
当たり前だと思いた環境や家族に感謝が湧き起こり
自分がいかに甘ったれで未熟だったか・・・気づかされる。

そして

精神的にも経済的にも自立した女性になり、本当の意味でのチャリティを実現しよう。
家族に何かがあっても同じ立場で協力しあえるパートナーシップを築いていこう。


と決意する。

三男が保育園に入園すると同時に産後ヨガクラスを開催し、3ヶ月で満員のクラスに
また自身のダイエット経験を体系化し、Calm式ダイエット講座を提供。

約9割の生徒さんをダイエット達成に導くことに成功する。






コロナ禍の影響もあり、働き方改革・オンライン化を余儀なくされるが、
SNSマーケティングを学び、20日で141万を達成。
さらにヨガ講師のためのSNS集客術・生徒さんの強みを活かしたブランディング講座を開催。
受講生も収入面の安定だけでなく、生きやすさなど、希望のライフスタイルを送れるようになるなど成果を出している。


現在は自身の知識と経験を生かし、仕事も家庭もバランスよく両立させる女性の働き方について情報発信する傍ら、ヨガ教室の開業支援他、スクール事業を開催。

また、統合失調症のご家族の方のために「選択できる人生の歩み方」「心の在り方」「宇宙の法則」などを
お伝えしております。

ミッション・想い

〜ヨガを通して、穏やかで豊かな心と人生を〜

制限があっても成功への道は自由に選択できる。
自分なんてと諦める人生ではなく、
自分らしい幸せや
美しい生き方を謳歌する女性を増やすこと。

Message

ヨガ講師なんて・・・成功する人は限られた人でしょ?ってひねくれていた時期がありました。

来る日も来る日もレッスンをして体力低下で、1週間、入院をしたこともあり・・・。
その度に「この仕事は体力勝負。本当はこんなはずじゃなかったのに」と思うのですが、
「もっとたくさんの人にヨガの教えを届けたい」とい気持ちが強く、
ボランティア活動をしたり来てもらいやすいように単価の低い教室を開催していました

その時は、喜んでもらえたことに満足をして、嬉しい気持ちに。


でも、家に帰ってふと現実に戻ると・・・
「利益あるのかな?」と悲しい気持ちになる。

そんなあまのじゃくな私に降りかかったのが「旦那さんの大病」でした。

この時、「死」を宣告され、はじめて真剣に考えたのです。

・どうやって子どもを育てていこう?
・自分自身、どうやって生きていけばいいの?

っと・・・。

決して裕福ではなかったけれど、今まで当たり前のように養ってくれていた彼に心からの感謝が沸き起こるとともにいかに自分が甘ったれで未熟だったか気づかされました。

そして・・・

精神的にも経済的にも自立した女性になり、本当の意味でのチャリティを実現しよう。
家族に何かがあっても同じ立場で協力しあえるパートナーシップを築いていこう。

と決めたのです。

「ヨガの教え」があったから乗り越えられ、今ここに私はいます。


意味のない出来事はこの世には存在しない。

元気に復活した彼もそう話してくれています^^

自立を目指す真剣な女性を応援しています!
何かできることがありましたら、遠慮なく下記フォームからご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたの素敵な未来を応援しています!

矢島 香